こんなバイト薬剤師はいらない!そうならないための注意点とは

バイト薬剤師 > こんなバイト薬剤師にならないように注意しよう

こんなバイト薬剤師にならないように注意しよう

薬剤師には理想的なタイプがありますが、その一方で薬剤師に相応しくないと思われているタイプも存在しています。自分がそんな薬剤師にならないためにも、いくつか注意することがありますので、是非参考になさってみてください。
薬剤師 バイト

まず、態度が横柄な薬剤師です。このような人には、自分本位で患者さんの立場にたって行動できない薬剤師だと言えます。自分本位で動いている人は患者さんに対してだけでなく、他の人に対して優しや配慮に欠けますので、人間的にもあまり良い人だとは言えないでしょう。

また中には調剤報酬にばかり気を取られていて、患者さんのことなんてどうでもいい感じの薬剤師もいるそうです。このような薬剤師も患者さんに対しての態度が横柄になると思います。

他には、向上心の無い薬剤師は不必要だと思われています。現状に満足してしまって、その上を目指そうとしない、調剤をすることしかできない、スキルアップをしようとしない人などです。

向上心がない人は普段勉強をすることも無いので、患者さんが質問をしても答えられません。質問に答えられないような薬剤師が調剤した薬なんて患者さんは信頼できるのでしょうか?

そして何より、薬剤師は知識やスキルだけでなく、コミュニケーション能力も必要とする職業です。それなのに、マニュアル通りの決まった内容しか話せないような薬剤師や、コミュニケーションをとれない薬剤師も中にはいます。

コミュニケーション能力は必要不可欠な職業です。周りの人と普通に会話できれば問題はありません。

近い将来、薬剤師過剰時代がやってきます。これは確実にくると言われており、今は求人がまだたくさんありますが油断は禁物です。このような不必要だと思われる薬剤師ですと、職を失ってしまう可能性があるのです。

薬剤師過剰時代がきても生き残るためにも、このような薬剤師にならないように注意をしなくてはいけないというわけなのです。まずは、自分は必要とされる人材なのか、何を磨けば必要とされるのかよく考えて、日々向上に励みながら過ごしてみてください。