こんなバイト薬剤師はいらない!そうならないための注意点とは

こんなバイト薬剤師にならないように注意しよう

薬剤師には理想的なタイプがありますが、その一方で薬剤師に相応しくないと思われているタイプも存在しています。自分がそんな薬剤師にならないためにも、いくつか注意することがありますので、是非参考になさってみてください。

まず、態度が横柄な薬剤師です。このような人には、自分本位で患者さんの立場にたって行動できない薬剤師だと言えます。自分本位で動いている人は患者さんに対してだけでなく、他の人に対して優しや配慮に欠けますので、人間的にもあまり良い人だとは言えないでしょう。

また中には調剤報酬にばかり気を取られていて、患者さんのことなんてどうでもいい感じの薬剤師もいるそうです。このような薬剤師も患者さんに対しての態度が横柄になると思います。

他には、向上心の無い薬剤師は不必要だと思われています。現状に満足してしまって、その上を目指そうとしない、調剤をすることしかできない、スキルアップをしようとしない人などです。

向上心がない人は普段勉強をすることも無いので、患者さんが質問をしても答えられません。質問に答えられないような薬剤師が調剤した薬なんて患者さんは信頼できるのでしょうか?

そして何より、薬剤師は知識やスキルだけでなく、コミュニケーション能力も必要とする職業です。それなのに、マニュアル通りの決まった内容しか話せないような薬剤師や、コミュニケーションをとれない薬剤師も中にはいます。

コミュニケーション能力は必要不可欠な職業です。周りの人と普通に会話できれば問題はありません。

近い将来、薬剤師過剰時代がやってきます。これは確実にくると言われており、今は求人がまだたくさんありますが油断は禁物です。このような不必要だと思われる薬剤師ですと、職を失ってしまう可能性があるのです。

薬剤師過剰時代がきても生き残るためにも、このような薬剤師にならないように注意をしなくてはいけないというわけなのです。まずは、自分は必要とされる人材なのか、何を磨けば必要とされるのかよく考えて、日々向上に励みながら過ごしてみてください。

看護師の復職を成功させるためのポイント

看護師の復職を成功させるためには、復職支援セミナーに参加することも検討してみましょう。 これは、復職を検討している看護師のために開催されているもので、仕事する中で必要な技術の感覚を取り戻すためだったり、最新の医療技術や知識について学べるものです。

看護師は医療の現場で働く仕事ということもあり、自分が職場から離れている間に新しく入ってきた知識や技術が欠けているとなんとなく復職にも踏み切れませんよね。 ですが、セミナーを受けることにより、知識と技術の準備を整えてから職場復帰を目指すことができます。

それほど長期間離れていたわけではないけれど、復帰した時本当にやっていけるのか不安に感じているという方も多いはずです。 個人で勉強することも大切ではありますが、分からないことがあったり、個人で情報を入手するのが難しいような最新の現状についてもセミナーで情報を手に入れることができるでしょう。

ただ、セミナーの内容というのは各セミナーによって全く違い、中にはあまり参考にならないものもあるようです。 自分にとって本当に役に立つのかどうかを考えた上で申し込んだ方が良いですね。

復職する際に、どうしても自信がないという方もいるかもしれませんが、そういった場合は単発の派遣やアルバイトという形で仕事をするのもおすすめです。 この方法であれば、実際の現場で仕事をしながら勘を取り戻していくことができます。

初めからアルバイトをするのはちょっと不安…という方も、まずは単発のバイトから試してみてくださいね。 ある程度慣れたら夜勤専従看護師として働いてみてはどうでしょうか。

病院によっては復職支援に力を入れているところもあります。 特に人手の少ない病院などでは潜在看護師の獲得に力を入れ、看護師不足の問題を解消しようとしている所も多いため、しっかりサポートしてくれる職場を選びましょう。

より多くの求人情報を手に入れるためには、転職支援サイトを利用するのがおすすめです。

看護師の仕事先で人間関係が良くない場合は…

看護師の退職理由の中でも上位を占めているのが職場の人間関係の問題です。 これは看護師に限った事ではなく、様々な職場でも問題になりますよね。

職場にいる人間全員と仲良くやれる人のほうが少ないのではないでしょうか。 それに加え、看護師という職業は責任感の強い方が集まっていることから衝突も多く、それが大きな人間関係のトラブルに繋がってしまうこともあります。

また、責任感の強さから誰かがミスなどをした際に威圧的に物を言ってしまう方も多く、これも人間関係の悪化に結びついてしまうのです。

一つの対策として、例え苦手な人がいたとしても、仕事で接するだけだと割り切ってしまいましょう。 無理に歩み寄ろうとすると、無視をされたりした際に深く傷ついてしまうこともあるため、必要最低限の会話で済ませるというのも一つの方法です。

また、小さなミスを見つけてはネチネチと文句をつけてくる人もいますが、これを避けるためにミスを指摘されないよう完璧にこなすというのも大切です。

こちらが「何となくあの人は苦手だな…」と思っている気持ちというのは相手にも伝わります。 それが理由で何となく相手に悪い印象を与えてしまい、どんどん関係が悪化することも多いのです。

つき合いを最低限にしておけば、相手を不快にさせることも少なくなるでしょう。

また、どうしても今の職場で楽しく働くことができない、努力をしたり対策をとっても状態の改善が見込めないということであれば、転職するというのも一つの方法です。 ただ、何度も転職しているのになかなか状態が改善しないという方もいます。

そのようなケースでは、自分にも何らかの原因があることを疑ってみましょう。 看護師という職業は協調性も求められます。 そのため、何か嫌な事があった際にそれをすべて周りの人のせいにするのではなく、自分自身にも非があったのではないかと考えてみることが大切です。

どのような職場でも、1人は合わない方がいるはずです。 そのたびに転職を繰り返していると転職履歴がかなりのものになってしまいます。