薬剤師の就職先No.1!調剤薬局でのお仕事内容とは

調剤薬局での薬剤師の仕事とは

薬剤師の就職先のトップとなっているのが調剤薬局ですが、具体的にはどのような業務内容なのでしょうか。イメージでは、患者さんに渡された処方箋に基いて薬を選んで渡すという感じだと思いますが、それだけでは調剤とは言えないのです。

もちろん、調剤業務の一環ではあるのですが、本当は医師の処方箋を見て、薬学や医学的そして法的に問題が無いのか確認して薬を調製して渡すという一連の流れのことを言うのです。

処方箋は医師によって異なるということはなく、きちんと患者さんの氏名から、年齢、薬品名、用法用量など記載しなくてはいけない事項が法律で決められているのです。これをきちんとチェックするのも薬剤師の仕事というわけです。

そして、この調剤という業務は薬剤師免許を持っている人しかできません。ただし、薬剤師の判断で勝手に薬を調剤したり、処方箋の内容を変えるということはできず、きちんと医師の処方箋に基づいて調剤しなくてはならないのです。これは薬剤師法で義務付けられています。

ただし、処方箋にミスが有る場合があります。これをきちんを見極め、ミスが見つかれば、医師に確認をするということも薬剤師の大切な役目です。ただ単に処方箋通りに調剤をするだけではないということなのです。

やはり、間違った調剤をすることは決して許されません。調剤薬局の薬剤師には正確さと慎重さが求められるのです。

では、調剤って具体的にどのようなことをしているのかご紹介いたします。まずは処方箋のチェックから始まります。 記載事項が全て記入されているか、患者さんに適した処方なのか、副作用についての確認、保険適用外かそれとも適用されるのかなど確認します。

問題が無ければ、そのまま薬袋を作成します。薬袋には薬剤師が法律で定められている記載事項を記入し、その他にも必要に応じて、保管方法や注意事項なども記載します。

その後処方箋の内容に基づいて薬をそろえます。また、患者さんの症状に応じて、カプセルにするのか、粉砕して粉薬にするのか判断して変えます。

その後、ミスは無いか他の薬剤師が鑑査を行います。処方箋の内容の確認から、処方箋と調剤薬が合っているのかの確認など全てチェックします。それが終わったら、患者さんに薬の飲み方などを説明する服薬指導というものをして薬を渡します。

これが調剤薬局での薬剤師の業務内容です。転職をする際などに是非参考にしてみてください。