薬剤師の就職活動は、じっくり&効率的に進めよう!

薬剤師の就職活動ってどんなもの?

薬剤師になるためには6年制の薬学部に入学し、卒業して国家試験に合格しなくてはなりません。薬学部に入学した時点で、ほとんどの人は自分がどの道に進みたいのか決まっているのではないでしょうか。

ただ、薬剤師って結構就職先がたくさんあって、就職先によって業務内容とはも全然違ってきたりするんです。それに給料も結構違ってきますから、最初は無難にドラッグストアにしようと決めていたものの、途中でやっぱり製薬会社に行きたいだなんて心変わりすることだってあると思います。

まず、薬剤師は就職活動をする前に、きちんと自分の希望する就職先の業務内容について理解をしておきましょう。就職先の仕事について、それは自分が本当にやりたい仕事なのか? スキルアップを目指すならそこに就職して、本当に将来の役に立つ経験ができるのか?などをしっかりと見極めていきましょう。

もし、希望がはっきりと決まっていたとしても、まずは色々な企業などを実際に自分の目で見たり、自分で話を聞いたりしたほうが良いでしょう。自分が希望していなかった企業でも、興味がわいてきたりと視野が広がりますので、自分に合ったお仕事を探しやすくなります。

また、お仕事によっては面接方法などが異なってきます。例えば薬剤師に人気の高いMRの場合ですが、就職試験は何段階にもわけて実施されます。筆記試験もありますし、場所によっては、グループディスカッションをしなくてはならないこともあります。

しかも、面接を含め何回も繰り返し実施されます。やはり薬学の最先端に立つMRですので、就職するのは結構難しいようですね。

これはほんの一部の例ですが、他にも知りたければ、薬剤師の求人サイトを利用することがおすすめです。登録をする前は一般公開の求人しか表示されませんが、登録をすれば非公開求人など多くの求人情報を見ることが出来ます。

また、専任のコンサルタントがいますので、希望条件から悩みまで就職に感じてのカウンセリングを行ってくれるのです。 その時に就職試験の内容なども聞いてみると良いかもしれません。

また、たくさんの求人の中から自分に合った職場を一緒に探してくれますので、一人で探すよりも心強いと思います。 薬剤師の就職活動は、まず求人サイトへ登録するところから始めてみてはどうでしょうか?