学校の中の大切な存在!非常勤の学校薬剤師の仕事とは

非常勤の学校薬剤師ってどんなことをするの?

フルタイムで働く薬剤師を常勤薬剤師というのに対し、1日に数時間、1週間に数日程度働く薬剤師を非常勤薬剤師と言います。いわゆるアルバイトやパートと雇用形態が似ていますね。

では非常勤薬剤師ってどんな働き方をするのかというと、常勤薬剤師がお休みをしたときに、呼ばれてヘルプをしにいくという感じで働きます。仕事内容はというと非常勤であろうが常勤であろうが特に大差はありません。

学校薬剤師のお仕事は学校の環境衛生を検査したりして、生徒にとって快適に過ごせるような環境を作り上げていくことが主なお仕事です。例えば、具合が悪くなった生徒や怪我をした生徒の応急処置などに使う薬の点検、理科室に置いてある薬品の点検などをします。

またごみ処理に関してもダイオキシンを発生させないような処理をする、トイレにハエや害虫などが増えないように 検査するなど衛生環境を整えることも大切なお仕事です。

また、ネズミや害虫などが発生した場合は駆除をする、学校が騒音の原因にならないように処置をする、机や椅子の整備をすることも学校薬剤師の役目です。そして学校薬剤師にはまだ大切なお仕事があります。それは薬物乱用防止教室の開催です。

薬物乱用防止教室とは麻薬や覚醒剤、シンナーなどを学生たちが乱用してしまわないように、どんな効果があるのか、どんな処罰を受けるか、薬物の怖さなどを講話する教室のことです。警察の人が開催することもありますが、これも学校薬剤師の大切なお仕事のひとつなのです。

他には夏になるとプールの水質検査を行います。このようなお仕事は非常勤であろうと常勤であろうと関係はなく、どちらもとても重要なお仕事だと言えます。

学校薬剤師の求人自体あまり見かけることはありません。しかし、たまに非公開求人として薬剤師の求人サイトに掲載されていることがあります。

もし子育てとかで忙しいから非常勤で働きたい、学校薬剤師に興味があるという感じならば、まずは薬剤師の求人サイトに登録してみてください。無料で利用できますし、登録してみる価値はあると思います。